500円玉貯金から古銭買取に回るものを

一杯になるまで貯めたら10万円になる500円玉専用の貯金箱は、いまだに雑貨店などに行くと必ずといっていいほど見つかります。ずっしりと貯まった500円の枚数はしめて200枚、この中にもしかしたらレアなコインが紛れているかもしれません。500円硬貨の場合は二つに絞られますので、誰でも簡単に覚えておいてチェックができます。それが、発行枚数が最も少なかった昭和62年と、年号が平成に変わったため、ほんの短期間しか存在しない昭和64年の年号がはいった500円玉です。昭和64年の年号は、500円硬貨に限らず、すべての硬貨にあてはまるため、状態のよいものを全種類で集めたらいくらになるかを古銭買取をしている店に聞いてみるのもいいでしょう。お金は一生付き合っていくものですので、期限を決めず気長に集めていれば、もしかしたら奇跡が舞い込んでくるかもしれません。古銭買取にもっていったときには、これだけの価値がありますと明示された金額に、素直に納得することも必要かもしれません。