古銭買取でもあまり価値のないものもある

今は1円が最も小さい通貨です。それ以前の通貨として、1銭がありました。今も為替などでは見られる単位ですが、日常的に使われることはありません。ですから1銭硬貨を利用することはできません。1銭で売られているものがないからです。少し古い家であれば、何かの拍子に1銭コインが出てくることがあります。古銭買取に持ち込む人もいるでしょう。1銭は明治時代から昭和の初期まで製造されていました。銅製、アルミ製、錫製などがあります。古銭買取の価格としては、数十円から数千円ぐらいになることが多いようです。発行年数によって大きく異なるのは今の通貨と変わりありません。古いから価値があるわけではなく、発行枚数や現存枚数などによって異なります。ある業者では、昭和17年製は50円となっていました。明治6年製は2千円で、明治8年製は200円となっています。明治33年製は2千円と明治8年製よりも新しいのに10倍も異なります。それぞれの業者の評価によっても多少異なります。