古銭買取でもしかしたらお宝評価が受けられるかも

押し入れや物置に眠っている記念コインや古銭の中に、もしかしたら大きなお宝が眠っているかもしれません。素人判断で、自分ではたいしたモノではないと思っていたものが、古銭買取店に持ち込んで査定をしてもらったら、すごい高値が付いたというような話は、そうそう珍しい話ではありません。古銭の中には、数百、数千万円で取引されているようなものもありますので、もし手元に何か古銭があるのであれば一度は古銭買取に持ち込んでみると良いでしょう。例えば筑前二分金と呼ばれている古銭は、二百から三百万円で買い取りされているものです。もし、保存状態がしっかりとしていて、さらに鑑定書までついているような場合には、五百万円前後の評価額になることもあります。ここで重要なポイントは、古銭そのものだけではなく、それに付随する入れ物や証書といったものあるかどうかによって、評価額が大きく変わってくることです。古銭を保管する際は、そうした付属品を含め大切に保管するようにしましょう。