古銭買取で価値のあるギザ十とは

十円玉は買い物などでも利用頻度の高いコインですが、稀に側面がギザギザしたタイプを入手することもあります。通称「ギザ十」などと呼ばれており、通常のタイプより価値のある十円玉とされる傾向があります。ところが古銭買取などではあまり価値がないともされていますから、過剰な期待はしない方が良いとも言えます。ただし未使用などの場合ではとても高い価値があるとされていますから、全く根拠の無い話でもありません。また、昭和三十三年製造の十円玉なら、他の「ギザ十」よりも高い値段で売れる場合がありますので、お釣りなどで入手した際は先ず製造年を確認することも大切です。一方、価値を上げるために薬品を使って汚れを落とした場合、見た目的に綺麗になりましても、完璧な未使用品とは色合いなどが異なることが一般的です。古銭買取では価値が上がるどころかむしろ価値が下がるなど、逆効果になる場合もありますからその点には注意致しましょう。